初めてでも行きたくなるワカサギ釣り

冬場に楽しめるフィッシング!ワカサギ釣りの魅力

話題になっている場所もチェック

ワカサギの最盛期は10月から3月で、成魚の全長は15cmほどの細長いのが特徴です。冬の時期の遊びですが、10月と3月はそんなに寒くないので、寒いのが苦手な人にはお勧めです。

釣り方の簡単な練習として、利き手首のスナップを効かせて素早くしゃくる方法があります。場所や道具もいらないので、どこでもイメージトレーニングすることができます。
特に技術や力は必要ないので女性や子供でも釣ることができます。

釣りの種類を大きく分けると「氷上釣り」、「ドーム船釣り」の2種類あります。
氷上釣りは、野外で池の氷に専用ドリルで穴を開けて行う釣りで、ドーム船釣りは、釣れるスポットまで船で移動して室内で行う釣りです。ドーム船は子供でも安全に釣りが楽しめます。
何よりも、釣った魚をその場で食べられる場所もあるので飽きずに遊べる魅力があります。
また、施設によっては暖房器具やトイレも完備されていているので、長時間になっても女性や子供連れには安心して釣りが楽しめます。

今までの釣りと言えば男性のイメージでしたが、近年では女性にも注目が集まっています。その理由として、釣り竿が軽量化され、カラーバリエーションも増えた事です。女性の大半は見た目から入る人もいるので、その人用にウェアも女性好みの物が多く店頭に並ぶようになり、釣具屋に行っても楽しめなかった女性にも興味の沸くような雰囲気になっています。

初心者でも船宿の方が一から釣り方を教えてくれるので釣り上げた時の喜びや感動を与えてくれます。


TOPへ戻る